Error loading page.
Try refreshing the page. If that doesn't work, there may be a network issue, and you can use our self test page to see what's preventing the page from loading.
Learn more about possible network issues or contact support for more help.

商店建築 SHOTENKENCHIKU

2022年4月号No.832_Apr-2022
Magazine

新作/ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京 大特集/オフィス ~個人は集中でき、チームは活性化する。リラックスして快適に働ける場所がほしい! 特集/企業の魅力を発信する“体験型”企業ミュージアム

NEW SHOP & ENVIRONMENT/Peter Luger Steak House Tokyo SPECIAL FEATURE 1/OFFICE ―ABW,Third place,Wellness, living, Improved Teamwork SPECIAL FEATURE 2/Interactive museum with hands-on displays

4月号は、「オフィス大特集」です。今回のテーマは、「個人は集中でき、チームは活性化する。リラックスして快適に働ける場所がほしい!」です。オフィスを取材する中で、私たち編集部が最も重要だと感じる点を、テーマに据えました。コロナ禍を経て、働き方と、働く場所の在り方が、刻々と変化しています。多くの企業が在宅勤務を含めたテレワークを導入する中で、いま、「オフィスにどのような機能を持たせるか」が課題となっています。そうした状況下で、オフィスの存在意義は二つに集約されます。一つは、個人が集中でき、最大のパフォーマンスを発揮できる空間であること。もう一つは、限られた時間の中で、チームワークやコミュニケーションを活性化させる空間であること。それらを、どんな空間デザインで実現していくのか。「サードプレイス」「ウェルネス」「オフィスに暮らしを導き入れる」「チームワーク向上を図る空間」などの観点から最新プロジェクトを取材しました。 続いて、特集「企業の魅力を発信する、”体験型”企業ミュージアム」。一般に企業ミュージアムというと、企業の年表や技術の解説パネルが展示されているといった、ちょっと退屈なイメージがありませんか。しかし、昨今の企業ミュージアムは一味違います。体験性、参加性、楽しさなどを重視したさまざまな企業ミュージアムを紹介します。 新作「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」は、米ブルックリン発の、ステーキが焼き上がるオープンキッチンをステージに見立てた、迫力の劇場型レストランです。「高揚感」を演出するデザイン手法を感じ取ってください。


Expand title description text

Formats

OverDrive Magazine

Languages

Japanese

新作/ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京 大特集/オフィス ~個人は集中でき、チームは活性化する。リラックスして快適に働ける場所がほしい! 特集/企業の魅力を発信する“体験型”企業ミュージアム

NEW SHOP & ENVIRONMENT/Peter Luger Steak House Tokyo SPECIAL FEATURE 1/OFFICE ―ABW,Third place,Wellness, living, Improved Teamwork SPECIAL FEATURE 2/Interactive museum with hands-on displays

4月号は、「オフィス大特集」です。今回のテーマは、「個人は集中でき、チームは活性化する。リラックスして快適に働ける場所がほしい!」です。オフィスを取材する中で、私たち編集部が最も重要だと感じる点を、テーマに据えました。コロナ禍を経て、働き方と、働く場所の在り方が、刻々と変化しています。多くの企業が在宅勤務を含めたテレワークを導入する中で、いま、「オフィスにどのような機能を持たせるか」が課題となっています。そうした状況下で、オフィスの存在意義は二つに集約されます。一つは、個人が集中でき、最大のパフォーマンスを発揮できる空間であること。もう一つは、限られた時間の中で、チームワークやコミュニケーションを活性化させる空間であること。それらを、どんな空間デザインで実現していくのか。「サードプレイス」「ウェルネス」「オフィスに暮らしを導き入れる」「チームワーク向上を図る空間」などの観点から最新プロジェクトを取材しました。 続いて、特集「企業の魅力を発信する、”体験型”企業ミュージアム」。一般に企業ミュージアムというと、企業の年表や技術の解説パネルが展示されているといった、ちょっと退屈なイメージがありませんか。しかし、昨今の企業ミュージアムは一味違います。体験性、参加性、楽しさなどを重視したさまざまな企業ミュージアムを紹介します。 新作「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」は、米ブルックリン発の、ステーキが焼き上がるオープンキッチンをステージに見立てた、迫力の劇場型レストランです。「高揚感」を演出するデザイン手法を感じ取ってください。


Expand title description text