Error loading page.
Try refreshing the page. If that doesn't work, there may be a network issue, and you can use our self test page to see what's preventing the page from loading.
Learn more about possible network issues or contact support for more help.

商店建築 SHOTENKENCHIKU

2021年11月号No.827_Nov-2021
Magazine

大特集/人が集まる“気持ちいい”オフィス     Chapter.1 オフィス 仲間が集まってくるラウンジ空間が気持ちいい     Chapter.2 ウェルビーイング 健康な環境で働くから気持ちいい     Chapter.3 コワーキングスペース 予期せぬ出会いと非日常性が気持ちいい     Chapter.4 リノベーション 「空間に染み込んだ時間」が気持ちいい 連続企画/人が集まる拠点をつくる VOL.4 空間デザイナーの職能は「場の運営」で拡大する REPORT/ミラノ・デザイン・ウィーク 2021

SPECIAL FEATURE 1 /OFFICE            Chapter 1 Office            Chapter 2 well-being            Chapter 3 Co-working space            Chapter 4 Renovation SPECIAL FEATURE 2 /MAKE A BASE WHERE PEOPLE GET TOGETHER 4 REPORT/MILANO DESIGN WEEK 2021

11月号は、大特集「人が集まる”気持ちいい”オフィス」をお届けします。 設計者の皆さんのもとに、オフィスやワークプレイスの設計依頼が来ていませんか。今、空間デザインにおいて最も大きく変貌を見せているジャンルがオフィスです。長引くコロナ禍を経て、日本でも「テレワークを適度に採り入れることで生産性が高まる」という認識が広がりつつあります。それに伴いオフィスは、「漫然と毎日かよっていた場所」から「目的があるから、あえて行く場所」へと変容しつつあります。 では、目的意識を持って社員が出社したくなるオフィスとは、どんな空間でしょうか。キーワードの一つが、「気持ちいい」があることです。そうしたオフィスを、11月号では、下記のようなテーマに分けて取材しました。 ・ウェルビーイング 〜健康な環境で働くから気持ちいい ・コワーキングスペース 〜予期せぬ出会いと非日常性が気持ちいい ・リノベーション 〜「空間に染み込んできた時間」が気持ちいい

好評の連続企画〈人が集まる拠点をつくる〉は、第四弾です。テーマは、「場の運営で、空間デザイナーの職能を拡張する」。近年、設計者が自ら、ギャラリーや小さな宿泊施設を運営している例が目立つようになってきました。「設計」だけでなく、継続的な「運営」へと職能を拡張していくことで、設計者にとって、またその街にとって、どんな波及効果が生まれてくるのでしょうか。事務所訪問レポートなどを交えて、「人が集まる場づくり」の最前線をお伝えします。


Expand title description text

Formats

OverDrive Magazine

Languages

Japanese

大特集/人が集まる“気持ちいい”オフィス     Chapter.1 オフィス 仲間が集まってくるラウンジ空間が気持ちいい     Chapter.2 ウェルビーイング 健康な環境で働くから気持ちいい     Chapter.3 コワーキングスペース 予期せぬ出会いと非日常性が気持ちいい     Chapter.4 リノベーション 「空間に染み込んだ時間」が気持ちいい 連続企画/人が集まる拠点をつくる VOL.4 空間デザイナーの職能は「場の運営」で拡大する REPORT/ミラノ・デザイン・ウィーク 2021

SPECIAL FEATURE 1 /OFFICE            Chapter 1 Office            Chapter 2 well-being            Chapter 3 Co-working space            Chapter 4 Renovation SPECIAL FEATURE 2 /MAKE A BASE WHERE PEOPLE GET TOGETHER 4 REPORT/MILANO DESIGN WEEK 2021

11月号は、大特集「人が集まる”気持ちいい”オフィス」をお届けします。 設計者の皆さんのもとに、オフィスやワークプレイスの設計依頼が来ていませんか。今、空間デザインにおいて最も大きく変貌を見せているジャンルがオフィスです。長引くコロナ禍を経て、日本でも「テレワークを適度に採り入れることで生産性が高まる」という認識が広がりつつあります。それに伴いオフィスは、「漫然と毎日かよっていた場所」から「目的があるから、あえて行く場所」へと変容しつつあります。 では、目的意識を持って社員が出社したくなるオフィスとは、どんな空間でしょうか。キーワードの一つが、「気持ちいい」があることです。そうしたオフィスを、11月号では、下記のようなテーマに分けて取材しました。 ・ウェルビーイング 〜健康な環境で働くから気持ちいい ・コワーキングスペース 〜予期せぬ出会いと非日常性が気持ちいい ・リノベーション 〜「空間に染み込んできた時間」が気持ちいい

好評の連続企画〈人が集まる拠点をつくる〉は、第四弾です。テーマは、「場の運営で、空間デザイナーの職能を拡張する」。近年、設計者が自ら、ギャラリーや小さな宿泊施設を運営している例が目立つようになってきました。「設計」だけでなく、継続的な「運営」へと職能を拡張していくことで、設計者にとって、またその街にとって、どんな波及効果が生まれてくるのでしょうか。事務所訪問レポートなどを交えて、「人が集まる場づくり」の最前線をお伝えします。


Expand title description text